かすかでそしてほのかな匂いの感触は僅かであるが感じていた。
それは天気予報が正解であったのであり、やはり降るべくして降り出したのであろうか。

昼間、外出時には青い青空と真っ赤な太陽が力強く共演していたのにも係わらず
夕方宵の口よりいよいよ雨は落ちてきた。

傘は持ってきたな。

徒歩通勤の私にとって、これから帰宅する身には必ず必要なものである。
いくら暖冬とは言っても濡れて帰るには、その雨の冷たさには耐えれないであろう。

夜の雨がアスファルトの道を打ち鳴らす。
道路を走る車からは水をはじく音色が時たま耳に入いる。

しかしながら、我が町工場から聞こえる様々な騒音はその雨脚を遮るが如くに
空間をなで切る。
いつからこの残業の日々は開始されたのか。
過去の事実に思いを巡らす。
しかしながら既に忘却の彼方だ。


目の瞬きを繰り返す。
まぶたの中の乾燥がひどくつい何度も強制的に瞬きを何度も繰り返す。
それも一回一回力を込め繰り返す。

涙は既に涸れたのか。
最近感情的になり、目の中の水分のしたたりを感じたことがないことに気がつく。
悲しさもそして嬉しさも。
嬉々として感じ入る時が我が身から遠くなったような寂しさを感じてしまう。


既にこの案件の為に描いた図面は100枚を越した。
もちろんこれからも書き続けなければならない。

書こうという意思は力強くそして次なるアイデアも頭を駆け巡る。
しかしながら体が動かない。
目の前に図面の画面はありありと表現されているのであり、マウスを使い
そしてキーボードを叩きさえすれば先へと進むのだ。

しかし、手が動かない。
動かそうとするが脳からの指令を一切受け付けない。

体がだるい。

能力がない自分にとってでき得る事は長時間労働だ。
どんなに疲れていようとも。
肩こりそして腰痛までが体を襲おうとも。

能率良くとかそんな要領の良いことなどできるものか。
ひたすらただひたすら没頭するのみだ。

効率の良い悪いとかお構いなしだ。
とにかくやるだけだ。
とにかく前進するだけなのだ。

常に自分自身に無理を強いる。
そんな簡単に体が壊れるはずもない。

同時に二つのことなどできるものか。
自分はそんなに優れた人間などではない。

だからこそ。長時間労働だ。
何時間働こうともちろん残業手当などあるのものか。
又、そんな金額など欲しくもない。

今ここにそして今ここで働けるだけでも幸せだ。

これからも疲れた体に鞭打ってひたすら長時間労働を続けるだけだ。
もちろん決してはかどる事はないかもしれない。
もしかすると休養を取るという方法も一つの選択かもしれない。

しかし私はそんな考えなど頭の片隅にも置いていない。

ただやるだけだ。
これからもひたすらただ働くだけだ。
それ以外は何も考えない。
ただひたすらものづくりについて頭を巡らすだけだ。


大きく深呼吸をする。
椅子から立ち上がり、事務所を自分の足でゆっくりと歩き回る。
そして再び元の位置へと戻り大きく背伸びをする。

さあっ。始めよう。
果たして体は動いてくれるか。

さあっ。ものづくりには終わりなどない。
ただこれからも没頭するだけだ。


それははかどらなくても。。。。。。
[PR]
# by supermusume | 2007-02-22 19:54

ついぞ。
設計の一部をお願いした人物まで今回は成功すると言い出した。
当初は成功にはとても覚束なく、設計作業を請け負う事さえ躊躇していたはずであるのだが。

あくまでも失敗しても何の報いをも生じない。
その前提での今回は設計作業をお願いする結果となった。

しかしながら、その人物の作業も詳細設計へと進むつれどうした事か意見が変化した。
「これならかなりいけそうだ。50%程度は減る可能性も。」


注文を受け具体的に図面を書きながらも私自身も常に訂正を加えていた。
様々な人物の意見の内容を敏感に聞き耳を立て、そして脳細胞へと運び
活発に様々な考えを巡らす。

ようやく到達した内容は、至極簡単で何故今頃になってとても分かりやすい単純明快たる
結論に辿り着いたのかは不思議な心地ではある。
しかし、到達するまでの道筋には幾多の大きな壁が行く手を阻んだ。
結局のところ険しい壁を乗り越えた先は単純で至極簡単と言う結論が
待ち構えていたと言うことになる。



実際製作に携わりそして動かす立場である自分らにとって実際目の前でその
うまく稼動した姿を自分自身の体全体で感じそして腑にまで落とさないことには
決して成功とは言えない。

確かに間もなく製作は完了する。
しかし、まだまだこれから先も懸命に設計、製作は続けなければならない。
一瞬、一瞬を全神経をものづくりに捧げ一歩一歩前進せねばならない。


立場が違う周りでは既に成功した姿で物事を進めているのであり、既に次なる製作にも
かからねばならないとの事である。


確かに今回の製品が成功すれば今までの常識は覆される。
ひときわどこの企業でも悩みが大きい分野であり、今後さらにその悩みは深まる一方で
あることは容易に想像できる。

もし、その企業で試運転でも行えば即座にその製品はその企業も持ち物になり得る
であろう。
それほど画期的でありそして誰しもが喉から手が出るほど欲しがっている製品なのだ。



この前身なる機械開発時には惨憺たる苦汁を嘗め尽くした。
我が町工場自体も危うくなりかけた苦労の連続が重なった上での完成品であった。
確かにその生みの苦しみはもう二度と味わいたくはない。
どれだけ肉体的に疲れその上眠れない日々がどれほど長きに続いた事か。


しかしながら、又今回もその生みの苦しみを既に味わっている。
今回は、その苦労がさらに増すことになるのか、それともその苦渋が
光り輝くものになるのか。


それは実際動かし、物を流しそして排出されるその様子を眺める。
その排出されたその物を自分自身の掌の上に乗せ、触り、見つめそして
臭いをかぎ体全身で感じないことには安堵と言う文字は決して露わにならない。


しかし、行き着いた先はとても単純で簡単であった。
こんな結論になるととは予想だにしなかった。
理解以前に見た目で即座に判りうる至極単純極まりない構造だ。


これが成功すれば。
確かに歴史は塗り変わる。
いやこの時の流れは既に移り行く歴史の時代の流れに則ったものだろうか。


しかしながら世間への公表は慮れる。

今回の具体的内容は決して口外しないしそして巷へは露わにしないつもりだ。
もちろんホームページ、ブログでも記載しない。
既に今回の開発に携わった方々へは一切口外しない旨は伝えてある。
それこそ図面の内容など私自身を捕まえない限り判るはずもない。

徹底して秘密主義で今回は行動するつもりだ。

何故一切公表を拒むのか。
それは理由もいとも簡単だ。
もし成功すれば売らなくても売れるからである。

しかし、その意見は今回の題目通りいずれ変わるであろうか。
それは歴史だけが知っていると結論付けたい。


さあっ。これからも一心不乱にものづくりに精魂込めるつもりだ。
先ずは大きく背伸びをせねば。
しかし、昨今日中でも常に睡魔が襲う。
襲うものが男であれば他のものであって欲しいと言う切なる希望は誰しもが抱くのでは。
[PR]
# by supermusume | 2007-02-21 21:01

いずれは終わるのか。
いや、決して終わりはない。
終わりがないからこそ毎日日夜ひた進むのであり、終わりがあればそれが
垣間見れた時点で恐らく止める。

それは否応なしに時間の経過そして歴史がその人物を止めさせるのでありそして
それが自分自身の判断だと決め付けさせる。

ものづくり。
果てしなく広大でもありそして針の先端がほんの僅かな空間を鋭く一直線に突き進む
如く非常に狭くそして細いものでもある。

ものづくりの進む先には必ずしや光輝くものがあるのであり、それを掴みそして自分自身の
体全体で感じ取れねばならぬ。
しかしながらその光の源すら見出す事はとても困難であるし、それを見つけるためには
惨憺なる辛苦を嘗め尽くしそして重き苦難を担がなければ前進することすら困難なようだ。

そしてその光を自分の目に受け取り、自分自身が輝いたとしてもそれが本来のものづくりの
採光であるかは自分自身の手で携わりそして行動した結果でなければ自身の腑に落ちる
はずもない。

もちろん、従来の理論そして結果はその輝きをまぶしくする存在には違いない。
ものづくりの経験、そして体験はより一層光り輝くものを手に入れる大きな手段であることは
誰しもが頷けるであろう。
その経験の中には数多の失敗、それに伴う落胆、精神的苦痛、苦労が隠されている。

しかしながら、その成功と正反対に大きくかけ離れているはずのその失敗が次なる
成功への架け橋となる可能性もあることに大きく頷ける事実であろう。
それは決して頭を下に矯めるのではなく、頭上の青く大きな清い澄んだ清々しい空を
見渡しそして大きく深呼吸ができ得る成功と言う輝きを自分自身の身へ近寄せ
その輝く光の何かしらのヒント、アドバイスが隠されている事も往々にしてある。

従来の理論を覆しそして成功させる。
しかしながらそれには体験と言うものが不可欠なはずだ。

実際に行動を起こし、自分自身の手そして足を動かし目は万欄と輝かせそして
些細な音にも聞き耳を立てる。
額には汗が滲み出、体全身でそのものづくり製品の息吹を感じる。

製品には魂がこもるのでありその一呼吸、一呼吸を裸の自分自身の実で鋭利なる
敏感さで感じ取りそして生身の腑へと落とし入れる。


さあっ。
終わりがないものづくりへの抵抗を今後も差今なくそして24時間四六時中続ける。

それは布団へと入りそして眠っていても脳の活動は絶え間なく続けているのであり
一刻たりとも休まない。

それは当然ながら自分自身へ無理を強いる事であり、精神的にも肉体的にも
苦痛を生じそして疲れだるさを生じる。
しかし、これこそが限界を超えることでありそして更なる大きな限界へと立ち向かうのだ。

甘えとは何だ。
逃げるとは何だ。
体を壊すとは何だ。


自分自身を否応なしに無理を強いなければ限界は超えられないのであり、無理をすれば
体が壊れるなど聞く耳はないし、その発言さえもとうに聞き飽きた。

無理をしないというのは、自分自身を鍛えそして成長させる事への重大で最たる
怠けでありそして怠りであるのだ。


ものづくりの発展には終わりはない。
果てしなく更なる開発への道筋を見出すため無理を強いるが決して終わりなどない。
それは人類が存在する限り当たり前と言う簡単な用語が醸し出されるだけである。

無理を強いるものづくり。
ひたすら更なる光を求めて続けていくだけだ。

それは今回の題目通りただそれだけには違いない。




しかし、眠たい。
[PR]
# by supermusume | 2007-02-19 20:43

f0094653_12194442.jpg


こちらをクリックされると次へと続きます。
[PR]
# by supermusume | 2007-02-18 12:24

我が社が作った製品。
どこを捜しても他でこの製品が稼動している様子を覗う事は不可能だ。
我が社でしか製作できない製品。
試行錯誤の上、血と汗をふんだんに流しようやく出荷できた製品。

その機械が止まっている。
行かねばならない。

それはどんなに自分の体が精魂疲れ最早足を一歩踏み出すのにもわざわざ
自分自身の今現在持っているあらんばかりの気力を振り絞らねばならない状況下でも。
精神的にも、肉体的にもくたびれ自分自身の体が脳細胞の指示通りに動いてなくても。

行かねばならない。
どうやっても、地面を這い蹲っても。
衣服が裂け、裸同然になろうとも。

行かねばならない。

どんな遠方でも。

駆けつけなければならない。

我が社が作った機械が止まっているのだ。
我が社全員の愛と魂が存分に込められた機械が稼動していないのだ。


既に自分自身の体など一切顧みようなどとの想いなど消え去っている。
自分の身が限界を超え、ただ漂うように生きていようとも。

自分の体がこの世にある限り。
自分自身が自分を正確に最早把握できなくなっていようとも。

行かねばならない。
どうしても駆けつけなければならないのだ。

機械が止まっているのは我々の仲間が瀕死の重態の状態なのと同意義なのだ。

自分の身が如何なる状態になろうとも。
自分自身がここにあるのであれば。


向かわねばならない。
機械が止まっているのだ。


そして現地で機械を自分の肌で感じなければ安心の2文字が伝わって来ないのだ。


ただ感じるため。
そのためだけに。
[PR]
# by supermusume | 2007-02-17 19:24

身も心もずたずたで最早一歩たりとも前には進めない。
意識は朦朧とし、視点はあやふやで表情に笑顔を求めるなど不可能だ。
徹底的に虐げられ、ひたすら床を這い蹲って生きているかのようだ。

しかしだ。
目の輝きだけはある。
決して言葉は発せられないが目から発せられる光だけは不気味に感じられる。

足は踏み出せずそして手を前後へふる行為さえ、最早脳からの指令を出せない状態だ。

頭は重くそして体全体がだるい。
常に頭上に重たい水が入った桶を掲げているようだ。

一切の行動を引き起こす気力はなくただひたすらその輝く目で目の前の様子を
見つめる。

しかし、目に生えるものは自分自身の脳細胞まで伝わっておらずただ茫然自失と
そこに漂っているだけだ。

何ら手に持つスキル、技術などなくただ一瞬一瞬を感じるだけだ。
世間並みの能力など望む事など到底無理な話で、それを今の時点で求めでもすれば
その人間存在自体を疑わなければならない。

しかし、目の輝きだけは失わない。
決して周りは暗闇だとしても。
その輝きはかすかなほのかな光に消えうせそうとなろうとも。

決してその光が消える事はなく又決して消し去ろうとしない。

その人物にあるものはその光だけであり、それを失う事はそれこそこの世から
消え去ると言う文字との同義語となり得る。

人前で露わにでき得るものは相変わらず何もない。
ただひたすら一瞬一瞬を丸裸で感じるままに生きている。

何の取り得もなくそこに存在している人物が、いよいよ明日遠方へと旅たつ。
結果など考えもせず、ただひたすら感じるままに行動を起こすであろう。
ただひたすら一瞬一瞬その時を一生懸命生きているだけだ。

決して逃げないんだ~っ!!
[PR]
# by supermusume | 2007-02-15 19:33

本日世間では「聖バレンタインデー」と呼ばれる日。
日本では義理チョコなるものが配られ一年一度の儀式である。
その模様をアメリカ人は理解できないとある新聞には書かれてあった。

特に上司に対するチョコレート。
これは必ずや行わなければならない行動だ。
日本社会では上役に対し一年一度の儀式を必ず行う事自体が日本社会の掟なのだ。

その掟を破る事は、日本の会社の構造すらを否定する事に繋がる。

個人主義社会のアメリカ人にはやはり暗黙の掟社会の会社主義日本国を
理解する事は無理であろう。


私の実のところ頂いた。
それも何と3個もだ~。

どうだ。ここで威張ったところで何の価値もない。
それどころかその個数は世間並みの数からは程遠いはずだ。
虚しく思えば限りなし。


昨今読んでいる本が浅倉卓弥氏が書かれた「君の名残を」だ。
とても文章が緻密で綺麗。
静謐さを感じさせる文体が我が目を常に襲い、ついには目を離すことができなくなる。

以前この作者が書いた「四日間の奇跡」も心打たれる内容であった。
何かの大賞に輝いた著作だ。
どこかしらあの東野氏が書かれた「秘密」を髣髴させる内容ではあったが
可憐さはこの作品が勝る。
女性には特に気に入られるだろうと容易に想像ができる。
大人向けのファンタジーと書かれてあったのは容易に頷ける。

「君の名残を」の著作のストーリー設定は面白い。
現代をタイムスリップした人物が実際に歴史上有名な人物となり、その時代の
実際の生き様をありありと表現している。

弁慶に扮する内容もあり、その人物は未来から送られた者である為
その最期の死に様が生きている間より既に分かっている訳だ。
既に自分の生涯を最期まで思い浮かべながら、生きて行く訳だ。

しかし、文章が綺麗。
私好み。偏見もなく、物事をただひたすら忠実に表現している。



しかし、なかなかじっくり読む時間はない。
仕事の合間などに読んでいる程度。



相変わらず体がだるい。
朝起きてから、夜眠るまでこのだるさが続く。

早起きしそして自分ながらの体操。
そして徒歩通勤。
何とか体を動かしそして気分転換を図ろうとするのだが。

深呼吸を行いそしてイメージする。
自分の未来の姿を頭の中でありありと浮かび上がらせる。
もちろん表情は笑顔で何事にも満足し、とてもこの上ない幸せな姿を思い浮かべる。
それはイメージトレーニングとも言える。
つまりは右脳の活性化だ。

この右脳の活動についてはあのユングは集団的潜在意識との表現まで使用している。
あの「シンクロニシティ」なるのもだ。


しかし、だるい。
何とかこのだるさを自分自身から拭い去りそして宙に浮いた体で飛び跳ねながら
仕事を行いたいのであるが。

気分転換。
体と精神。決して切り離せないもの。
その精神を右脳と結びつけ何とかだるさまでを取り除こうとしているのだが。

さらにイメージトレーニングで右脳を活発に動かすか。

3個のチョコレートを頬張りながら。

そのチョコレートの個数には全く不平、不満はない。
むしろ幸せだ。
つまり足りるを知っているつもりだ~っ。!!
[PR]
# by supermusume | 2007-02-14 18:13

ふと壁に掛けてある時計を眺める。
カチッ、カチッと時を刻む時計の針の動きを自分の目が追う。

今日は何時まで仕事を続けようか。
溜息混じりに一人呟く。

本日は月曜日ではあるが昨日の建国記念日の振替休日。
我が事務所の前の横に並んだ倉庫付事務所の内、2社は仕事をやっている模様。
確か、目の前の会社は今月2月限りで事務所を出て行くと我が親父である社長が
話していたのを思い出す。

しかし、いつもの平日の喧騒さはない。
やはり出勤している会社が少ないせいか、静かだ。

今現在の時刻は18時30分。
この付近の道路は車通りもまばらなようで排気ガスを出しながら走っている騒音も
全くと言って良いほど耳には聞こえてこない。

納期。
いつもこの2文字に苦しめられる。
それ相応の日にちを指定してくれれば良いが、現実はそういかない。
誰しもが、注文するまでは時間を掛けるが注文をしたとたん、一刻も早く品物が手許に
届く事を望むはず。
相手の心情はよく理解できるのだが。
我が町工場のものづくりは、一品料理が殆どなため一から作り上げなければならない。
そして完成品は試運転を行い、実際品物を動かしうまく稼動しないことには出荷はできない。

体がだるい。
このまま何時間もぐっすりとふかふかの布団で眠ることができれば。
思わずまぶたが閉じる。
疲れだろうか。

しかし、目の前には納期と言う2文字が敢然と我が身に立ち向かっている。
このまま中断する訳にはいかない。

さあ、最早じっくりと丹念に仕事ができる世間で言う静寂な3連休は間もなく終了だ。
もちろん私は休めない身であるし、当然休んではいない。
しかしながら、昨日午後は我が嫁の要望で買い物に付き合う。
まあ、気分転換にはなったかも知れない。

岐阜への出張そして市役所の納品の検査もある。
心が休まる日がない。

慌しさと忙しさが我が身を包み込んでいる。
どうもがこうと、あがこうと一向にその包みは破れない。

やらねばならぬ。
自分自身が動き行動しやり遂げなければ誰がやると言うのか。
ひたすら図面を描く。
それだけだ。

しかし、眠い。
このまま頭の重量を支えきれず、頭がすとんとまっ逆さに落ちそうだ。

きつい。だるい。
体全身がこわばり、そして固まり肩には大きくそして重いコンクリート片を担いでいるようだ。

「大丈夫。大丈夫。」と一人呟きながらこのまま仕事を続ける。
その前にう~んと大きく背伸びをしなくては。
[PR]
# by supermusume | 2007-02-12 18:41
本年度に入り仕事尽くめ。
何故こんなにまで働くのか。
もちろん飯を食らうため。
その他に何があると言うのか。

仕事は楽しめと言う。

しかしながらそこまでの心境へ至った事など過去一度たりとも実はない。
仕事は辛くそして苦痛だ。

正月休暇以来休みなど1日たりともない。
毎日がきつくそしてせわしない。
このまま時の流れに任せるしかないのであろうか。

しかし、あの小林正観氏は本に書かれていた。
人生とは頼まれた事をただこなしていくだけだと。

今現在自分自身に置かれた境遇が一体そうなのであろうか。
確かに仕事は他人にお願いされないことにはできない。
それに仕事は他人にお願いされるようにしなければ、なくなる。

やはり慣れであろうか。
無理をし続ければいつしかその無理が自分自身にとって普段の日常と
なり得るのであろうか。

これからもきつくて辛くそして決して楽しみのない人生を精一杯生きて行くだけだ。
しかし、いつかはその楽しみのない人生はとても楽しい人生へと打って変わるかもしれない。
そのほんのかすかで今にも消えてなくなりそうな望みを心の糧として生きていこう。

それは今現在呼吸をしそして決して死んではいないのだから。
[PR]
# by supermusume | 2007-02-11 11:41
←menu